FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

春に日差し

2015/04/09 21:58

タルトフルーツ

■1:なるべく洗わない

美肌を叶えるいちばんの美容液、それは“自前の皮脂”であるという。
皮脂には保護・保湿作用があり、健康はもちろん、美肌づくりに欠かせない大切なものだ。だが、ほとんどの人が長年の思い込みで、汚れのみならず必要な自前の皮脂まで取り去り、かわりに化粧品の潤いやリッチ感に頼ってしまっているという。

基本はぬるま湯でやさしく洗い流し、冷水で引き締めるだけ。洗顔料でゴシゴシ、さっぱり洗い上げることはせず、ほこり・汗・汚れなどの老廃物のみを流すことがコツだ。

■2:ケミカルな成分を使わない

メイクはクレンジングで落とすことになるが、少々の落とし残しがあっても肌の負担にならない成分のもので。
基礎化粧品だけではなく、ファンデーション、アイシャドー、口紅など肌に触れるものは、人間が口にしてしまっても害のない成分が望ましいが、こだわり過ぎは疲れてしまう。まずは肌にいちばん近いファンデーションから、見直してみるのがいいかもしれない。

■3:擦らない

クレンジングの際も、スポンジやスクラブなどでゴシゴシと洗うのは厳禁。肌に傷がつきカサついたり、肌が失った潤いを増やそうとして、さらに脂っぽくなる原因となる。

洗顔する際は、できるだけ摩擦による刺激を与えないことが大事だ。とくに朝は上質な自前の皮脂を生かし、ぬるま湯と手でやさしく汚れを洗い流すだけで十分である。

洗った後のしずくも、タオルの摩擦を避けるためには拭き取らないほうがいい。すぐに化粧水をつけ、油分が足りなければバームやオイルを少量つければ、肌水分の保湿にも生かすことができて一石二鳥だ。

■ 4 :栄養のある食べ物を摂取

漢方では“美肌は五臓六腑が健全で血液がサラサラな状態であることを表す”とされている。上質な“オトナ皮脂”を作るためには、内側からのケアも欠かせないということだ。
なんでも偏りなくバランスよく食べる。もちろんこれに尽きるが、より“美肌”効果の狙える食材を積極的に摂取したいものだ。


[編集]

スポンサーサイト

関連記事


プロフィール

kukaino
FC2ブログへようこそ!
何かと、衰えを感じる、今日この頃 ('◇')ゞ
好奇心だけは衰えてません。
初心者です。

鳥取在住です(田舎ですが、住みやすい)