黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

夏場の疲れ目

2015/05/28 12:00

「身体は冷やしてはいけない。温めることで健康になれる」ということは、もはや常識

もちろんアーユルヴェーダでも、身体を冷やすことは消化に悪く、様々な不調をもたらすと考えられています。

しかし、そんなアーユルヴェーダでも“温めてはいけない部位”があるのです!

■目を温めてはいけない!?

身体のほとんどの箇所は温めることでより健康になれると考えらえていますが、目だけは別物です。疲れ目などは、温めることで緊張がほぐれ、リラックスすると思われがちなのですが、アーユルヴェーダではそうではないのです。

アーユルヴェーダでは、この世界は地・水・火・風・空という5大元素で成り立つとえられています。そして、私たちの身体もこの元素を基本としたカパ(水・地)、ピッタ(火・水)、ヴァータ(風・空)の3つの要素から成り立っているのです。

身体の部位にもそれぞれ3つの要素が存在しており、火の元素を含むピッタが存在する場所には熱が宿りやすいと言われています。

目はそのピッタの領域。もともと熱があるところを温めると、さらに熱を持ってしまうため、熱すぎて不調を引き起こす原因にもなるのです。

このような理由から、アーユルヴェーダでは目は温めてはいけない場所と言われています。

■夏は目を「ギー」で冷やしてリラックス!

特に夏場は気温が上がりますので、火の要素であるピッタがさらに体内で燃え盛るように上昇します。このような状態で、疲れた目を温めてしまうと、さらに火を強めてしまい逆効果。

こんな時には、逆に目を冷やすことで燃え盛った火が沈むようにリラックスできます。保冷剤や濡れタオルなどを使っても良いのですが、発酵バターから作る万能オイル“ギー”を目に垂らしたり、まぶたに塗ると良いでしょう。

ギーは冷えていなくてもクールダウンさせる不思議なオイル。体内に熱がこもりやすい夏場や、イライラしたり、精神的に不安定な時にもオススメです。ギーがない場合は“ローズウォーター”で目をパチパチと洗浄すると同じ効果が得られるでしょう。

万能オイル“ギー” “ローズウォーター”は何処に売ってるんだろ探さなきゃ ─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つビュンッ
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

「隠れ肥満」

2015/05/16 22:46

20150516222937214.jpg

食後の間食が止められない今日この頃、気になる言葉がならんでます ♪( *´艸`)

■隠れ肥満とは?

隠れ肥満とは、BMI指数が25未満でも体脂肪率が高いことをいいます。体脂肪の中でも、内臓脂肪は皮下脂肪に比べて体内に溜まっていることがわかりにくく、なかなか気づけないのが怖いところ。また、オムロンによると、健康的とされる女性の体脂肪率の目安は、20〜29%なのだとか。最近体脂肪率を測っていないという方は、一度測ってみてはいかがでしょうか。

BMI指数の出し方

BMI=体重(kg)÷身長(m)×身長(m)
もっとも理想的なBMIは22とされており、25以上だと「肥満」と判定されるそうです。

■基礎代謝とエストロゲンがカギ

なぜ40代以降の女性は内臓脂肪がつきやすいのでしょうか? 主な原因は2つあり、1つは30代後半から基礎代謝が低下してくるため。2つめは、内臓脂肪がつきにくくする働きのある女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下してしまうからだそうです。
■内蔵脂肪に効く食べ物3つ

ちょっと怖い印象の内臓脂肪ですが、実は運動や食事で比較的簡単に落とすことができるんだそう。そこで、内臓脂肪の気になる方におすすめしたい食べ物や飲み物を3つご紹介します。

緑茶

高濃度茶カテキン飲料などですでにご存知の方が多い緑茶。緑茶に含まれる「茶カテキン」には、脂質をエネルギーに変える作用があると言われています。

赤身肉

赤身肉に含まれる「L‐カルニチン」という成分は、脂肪を効率よくエネルギーに変えてくれる働きがあります。

ブルーベリー

ブルーベリーに含まれるポリフェノールのひとつである「アントシアニン」という成分が内臓脂肪の蓄積を予防します。

年齢とともに身体が変化していくのは避けられませんが、早めに予防して、いつまでも健康で美しく歳を重ねたいものですね。
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

食べるサングラス (?_?)

2015/05/15 23:44

201505152310182cd.jpg

紫外線が気になる、今日この頃 ٩(๑❛ᴗ❛๑)
こんな記事を見つけました。

お肌とともにしっかり紫外線ケアしたいのが瞳。目に紫外線が入ると、瞳のタンパク質がダメージを受けて白く濁ってしまうだけでなく、お肌にも影響してしまうことがわかっています。サングラスや日焼け止めなどの外側からのUVケアに加え、内側からもUVケアしましょう!

■目からの刺激でシミができる!?

メラニンは、本来、紫外線から皮膚を守るために生成される成分。そのため、目に紫外線が入ってくると、紫外線が存在することが脳に伝わり、メラニンを生成して皮膚を守るように! という指令が出てしまうのだそう。眩しいと感じなくても、目は常に紫外線にさらされていますから、しっかりケアしたいですね!

■目を紫外線から守る2つの成分

(1)ルテイン

ルテインは、植物に含まれる天然の色素。強い抗酸化力を持つ成分です。人間の身体の中では、水晶体や皮膚、大腸に存在し“天然のサングラス”とも呼ばれ、その抗酸化力で活性酸素のダメージから瞳を守るだけでなく、皮膚でも同様の働きがあると言われています。ルテインは、もともと身体に存在する成分ですが、体内で合成できず食べ物から摂る必要のある成分です。

<ルテインの多い食べ物>

ほうれん草、ケール、ニンジン、パプリカ、卵黄 など

(2)ゼアキサンチン

ゼアキサンチンも植物に含まれる天然色素。視力を支える非常に重要な部分を紫外線やブルーライトの刺激から守っています。ルテインは、ゼアキサンチンと共に働き、ルテインの働きを強める効果があるそうですから一緒に摂って◎。

<ゼアキサンチンの多い食べ物>

ほうれん草、パプリカ、スピルリナ、トウモロコシ、
パパイヤ など

<効果的な食べ方>

ルテインもゼアキサンチンも脂溶性ですから、油と一緒に摂ることで吸収率がUP! ほうれん草などの野菜は油と一緒に摂りましょう。また、1日1.3個の卵を食べることで血中のルテインとゼアキサンチンが増えることがわかっているそうですから、1日1個の卵を習慣にするのもおすすめです。

瞳だけでなく、お肌も守るルテインとゼアキサンチン。毎日の食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ほうれん草とパプリカは両方ある、しっかり食べましょ
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

「二日酔いの朝」に摂りたい食品

2015/04/15 22:48

くりすます

歓送迎会でアルコールを飲む機会も多い時期、二日酔いになったらどうしますか (๑˃̵ᴗ˂̵)و
参考にしてくださいね(ゝω・)

■1:ココナッツウォーター

二日酔いで体内の化学的バランスが崩れてしまった場合は、“電解質”を摂るとバランスが戻り
気分がよくなるという。
電解質と聞くと、スポーツドリンクを思い出すかもしれないが、スポーツドリンクは人工的に作られた
飲料水で、さまざまな化学物質や香料、着色料などが入っているので、ココナッツウォーター
ナチュラルな電解質をヘルシーに摂取することができるそうだ。

■2:卵

「二日酔いの朝に卵!?」と思われそうだが、卵には血糖値を安定させる働きがあるそうだ。
おまけに、卵に含まれるタンパク質には“シスチン”という物質が含まれ、
体内の毒素を分解してくれるという。

■3:バナナ

酔っ払うと、体に毒素が溜まった気分になり、頭もお腹も、筋肉までもが重く、痛く感じられる。
そんな朝は、つるんと食べられて胃にもたれないバナナを食べるといい。ほかのものを食べたく
ないときでも、バナナを食べれば栄養補給になり、おまけに豊富なカリウムには毒素排出の
働きもある。カリウムはさらに、筋肉の働きを助ける効果もあるという。

■4:トマトジュース

酔っ払った翌朝、むやみに「トマトジュースが飲みたい……」と思う人は多いはず。
それはけっして気のせいではなく、トマトジュースは実際に二日酔いに効くそうだ。
体を水分で潤しつつ、ビタミンなどの豊富な栄養素を与えるうえ、トマトに含まれる
フルクトース(果糖)が毒素排出を助けてくれるそうだ。

■5:トースト

飲みすぎた翌朝は、胃が荒れて感じることもあるだろう。
そんなとき食べるとホッとするのがシンプルなトーストだ。
二日酔いの日は、肝臓がアルコール分解に忙しく、血糖値を安定させる働きが鈍るため、
お腹にやさしいトーストなどの炭水化物を摂ることで血糖値が安定し、イライラムードを癒してくれるそうだ。

二日酔いになるほど飲んだのは、、、、、(・・?    思い出せない位昔の事 ♪( *´艸`)

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

メイクしたまま ♪( *´艸`)

2015/03/22 22:44

メイクをしたまま寝てしまって、気がついた時にはもう朝に……。なんて事は日常茶飯事 (๑˃̵ᴗ˂̵)و
ポエム

日常茶飯事とまでは行かないまでも。そんな失敗、誰もが一度は経験した事があるのではないでしょうか。
そんな時・おオススメする応急処置方法をご紹介したいと思います! 
ポイントは 1 「いつもより丁寧なクレンジング」 2 「蒸しタオルなどで毛穴を開かせる」 3 「保湿重視のシートマスク」
 4 「すっぴんで過ごす」 5 「しっかりと睡眠をとる」
1,2,3、は解るが。。。。。5も何となく解る
4、のスッピンは (・・?
(4)できるだけすっぴんで過ごす
できるだけ、お肌に負担をかけないように休ませてください。どうしてもお化粧しないといけない場合は、いつものファンデーションよりも軽めなBBクリームやCCクリームなどを使用する事をおすすめします。


[編集]

スポンサーサイト

関連記事


リンク

みどりのカーネーション

うらうらシンフォニー

知りたがりや、こんなんありました!

情報トリガ ググタヌ

うさの羊毛ハンドメイド

黒うさと健康とスイーツと

奈良うさぎのHappyでHealthyライフ

ちーちゃんのエンジョイスタイル♪

ミュータントメッセージfrom森の診療所より

kirakiraビューティーレッスン

ちょっと気になる、人生プラス事

~憧れの生活まで~my dream life

ステキな人生

娘と大笑いの日々

ひ~ちゃんの小さな宝物

わんこ3兄弟と居酒屋ひまわりの珍道中

My Wonderful Phots

のんびりママの育児

ちょっとうれしい話

シンプルライフ ライフスタイル

いつも笑顔で

水仙

★ジャックと☆リロの記

daria

ロハスな食いしん坊日記

わんこ3兄弟と私のポジティブライフ

はちみつ醤油味

けいマン 湯~遊記

プンと わんこと ラジコンと

何気ない一日の香り

Tom's ラヂコン記

シンの前転ゆるラジ人生

河内総本家からから亭

人生水戸黄門***(人生楽ありゃ苦もあるさ)

22歳からのHappy Life

まなみドリーム

山猫はバレーと居酒屋が好き

ググ ポチおもしろダイエットたぬ記

空飛ぶ さっちーの旅

LOVE&PEACE 明るい毎日

ジョニーの日記

息抜きはやっぱ趣味でしょ!(* ̄∇ ̄*)

My tea time

長毛ハムスター『もっちの部屋』

hareruya♡mamalog

開運! 勝手に本紹介

天然生活

イエロー リーフ

ちなっぴぃの雑日記

トマトおばちゃんのおいしい野菜

☆ぶらっとよりみちグルメ旅~☆

森チャンランド

行きたいところ、食べたいもの

爆弾ケーキとうりぼ~☆

お暇な主婦のオススメ情報

HAPPY TIME HAPPY DAY

もで~ん(´・ω・)カピバラママのよもやま話

小さな暮らしとのんびりの家 ちいくらのんや

わたしの好きな家

天までとどけ           ~有機農業

サビ猫ブログ チビタンのつぶやき

WHO AM I ?

夢の中で―from teng―

ネコと趣味の創作人形

みかんのつぶやき

ワイン エキスパートへの道

カスタムCSS

プロフィール

kukaino
FC2ブログへようこそ!
何かと、衰えを感じる、今日この頃 ('◇')ゞ
好奇心だけは衰えてません。
初心者です。

鳥取在住です(田舎ですが、住みやすい)